So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年 スリーシスターズは 如何にありや

KC4I0022.JPG
KC4I0024.JPG
KC4I0027.JPG



発芽が揃わず 遅れながらも 幾つかは 三人揃って出てくれました
おさらいですが
インゲン 窒素固定と コーンとかぼちゃに 窒素供給 するも コーンに巻き付かせてもらいます
かぼちゃ 窒素もらう代わりに 大きな葉で グランドカバーです
一つ穴に 三姉妹のたねを入れます

インゲンの代わりに 祝黒 本当は つるありインゲンにすべきですが 播種時期が合わなかったので 祝黒にしましたが 結果的に インゲンの方でも 同じだったようです 残念 来年への課題です
コーンは 札幌八行
かぼちゃは 自然栽培白かぼちゃ なんだか品種はわかりません

八行は 慣行並みの生育を示して驚きです かぼちゃも まずまず 展開スピードよし 祝黒が追われ気味です

 毎日見るだけで 面白くて 楽しいです すごい自然のパワーを もらいますよ 
もちろん 自然栽培で 無 肥料 堆肥 耕起 除草です
有材心土破砕実施してますが 位置のズレが有る様子 オペレーター不慣れのため うまくいかないですね 畝ズレ 激しいです どなたかご教授ください 二尺二寸の高畝真ん中に トレンチャー入れたのですが カワベTT410 で クルマは フォード3000  油圧と ロワーアーム むちゃしてます

ヘビをよく見る年

hebi.jpg

今年春を迎えて 冬眠から覚めたのか よくヘビを見かけます  種類は 真っ黒なヘビ
子供の頃 田舎で いとこに カラスヘビ と教えられましたが 正式名称ではないと思います
先日は 御影農場の めいきょで ゴムホースか 何か だと思ったら ヘビ かなりな大きさでした
この明渠は 水辺に降りて 使うこともたまにあるので 間違って掴まないようにしないと 
 愛国農場では 畑の真ん中に通路があり 其処に常駐している様子でしたが
昨年来 ハウスにねずみがトンネルをたくさん掘って ハウスの中がトンネルだらけで すごい数繁殖して 豆をまいても 春の早い時期は 全部消滅 トラップでも 取り切れないぐらい繁殖してました
 先日 其処に二匹の黒蛇が あらわれるようになり ネズミの害が なくなりました
 かぼちゃや ズッキーニの種を トレーに撒くと 翌朝には 全部食べられてなくなるので 芽が出るまでカバーをするのですが カバー無しで 大丈夫でした 
 たしか ネズミの天敵は ヘビですよね 他にも 鷹や カラスなども そうですが ハウスの中は ネコ とヘビ この二人の相性は どうなんでしょうかねえ 猫が最近 ハウスに入らずに 外の通路で じっとしてましたから 相性は悪いのでしょうか・・・
 繁殖ができる環境に成ると 増える そして拮抗状態に バランスが取れるように さらにその上の生物が来て バランスが取れて うまく出来てます
 ヒトも 少子化は 繁殖できる環境にないからでしょうか 経済問題や 子育てや 教育 社会不安が 阻害要因でしょうけど 女性の健康問題も 若杉先生が的確に言われてましたね
 

2017パッケージ リリース : 野菜の詰め合わせ 情報公開

KC4I0001.JPG
ケール

ようやく路地葉物が成長してくれたので 本格的にパッケージをリリースしました
有機栽培から転向して 13年目 何度もくじけて 有機栽培に戻ろうかと考えたこともありましたが 自然界に疾病は存在しない 野生動物にも古代人にも疾病なし ペットになると発症など 病気は原因の結果である とか 施肥耕起の影響など 自然栽培実践の意味を知ってしまうと うまくゆかないからと 自然栽培放棄は初志貫徹ならずと苦しみ   数え切れないぐらいのパターンを試験してきましたが 最終的には 有材心土破砕が決め手に成りました これも 三年越しですが 多くの方のご支援ご指導をいただき 無 肥料 堆肥 農薬 耕起 除草 での栽培を完成させることが出来ました
 オペレーター 不慣れなため 実作業に活かすのに時間がかかり 未だにトレンチャーと畝盛り 不安定な状態ですが 先生方にご指導いただいて もっと確実なものへとアレンジする予定です

 ナニハトモアレ 作物の生育が順調で 週明け6月26日 月曜日から本格的に 収穫を始める予定です
 種類的には さほど多くないですが 現状は こんな感じです
 キャベツ ネギ しそ しろな こまつな カブラ ラディッシュ レタス ケール 人参 ほうれん草 大根 白菜
 今後の予定では 芋 豆 黒豆枝豆 玉ねぎ ニラ トマト類 きゅうり なす ピーマン メロン などなど 
 こちらからのおまかせで 5~9品はいって 家族四人の一週間分程度 詰め合わせます かれこれ 20年ぐらいやってきてますが 今年は 自然栽培リセット元年になりそうです

近隣の配達可能区域内は 通い袋で 千円 取りまとめはディストリビューターさん(取りまとめと数軒分の預かり役をしていただくお宅)へは割引などの メリット出してましたが もうそんな時代でもないのかと 取りまとめのディストリビュータさんを募るのは疎遠になってますが ご希望があればいかようにでもなります

遠隔地は 箱に入れて送料込みで 三千円 道内は 運賃の関係ですが クールナシの翌日午前中届けで 二千五百円 になります お支払は現金引き換えまたは後日ご送金になります

またそれに合わせて 黒豆の 煮豆 酢大豆 祝黒の酢大豆など 加工品もあります 抱き合わせで 同包出来ます お問い合わせください


KC4I0003.JPG
きゅうり トマト しそ 人参 豆 なんだろ 他にもたくさん ごっちゃです


KC4I0005.JPG
レタス


KC4I0008.JPG
白菜

KC4I0009.JPG
なすび まだ小さいです


KC4I0012.JPG
キャベツ


KC4I0016.JPG
ちょっとお気に入り シバムギなどの草の中のほうれん草 無肥料で これは難易度が高いです


KC4I0018.JPG
アブラナ科 菜っ葉類









麦わら帽子2017年6月21日

KC4I0140.JPG

オープニング
ホコテン開催
ケール
自然栽培のメリット
しめ縄
よもやま話
エンディング

こんな感じでした


オンデマンド


無敵の 葉物

KC4I0134.JPG

KC4I0135.JPG

KC4I0133.JPG

KC4I0132.JPG

肥料 堆肥 耕起をやめて 13年目 心土破砕後 播種の 葉物が 4週間すぎて ようやく形に 成ってきた様子 待っていただいている方がたくさんおられるので 気温低迷からの脱却 したあかつきには 供給開始 なるか
 この農法のメリット デメリットは それぞれありますが デメリットをメリットに変えれば 無敵になるということでしょうか
 いらないものは 肥料 堆肥 機械 大面積 資本 ノウハウ 経験 除草 このあたりですね これがメリット あ もちろん農薬も不要
 最大のメリットは 自然なので ヒトは病気にならないし 免疫力を最大限に引き出せる 病気が治る ということですね 医者いらず
 デメリットは 作物不揃い これは 揃えなくて良いところにしか出さないので 関係ありません
生育日数がかかりますが これは待てばいい 急いで取るから 収量が少ないことになってしまいます

 虫が出たら 放っておけばいい どのみち対策はないのだから 環境ができていないことを反省すればいい 少しでも改善できればいい エントロピーを減少させる方法はありますが 今のところ実績は 二年間 アブラムシと ブヨですね
 作物の病気 ありません
じゃあ 悪いところは 全く無いですね  どうでしょうかねえ 信じるか信じないかは アナタ次第ですが・・・ すみません 信じなくてもいいです 私にはどちらでも影響がないので

ハウス内は こんなんです 少し古いですが2週間前です

KC4I0096.JPG
 KC4I0095.JPGKC4I0093.JPGKC4I0092.JPGKC4I0087.JPGKC4I0082.JPGKC4I0084.JPGKC4I0082.JPGKC4I0081.JPG

心土破砕

KC4I0115.JPG


有材心土破砕 であるべきだったのが たんなる心土破砕へ アレンジしてます 畑には 半端でないボリュームの草があり それが トレンチャーで 埋め戻されて ちょうどいい塩梅に なるのでした
 トレンチャーで彫り込むと ネズミの巣を破壊したり 虫がたくさん出てきて カラスがついて回り けっこういろんな楽しみが・・・ デモないな・・

KC4I0119.JPG

 ベタに トレンチャー あとで畝盛り これは ボツ
ある程度 畝盛り またはカルチを深く入れて 溝切り トラクターを ずれないように 溝を走らせて トレンチャーで GLマイナス4-600 後に整形 こんな感じですね 別に真新しい方法ではないですが 後の使い方を考えると 高畝に 真ん中が心土破砕されているのが 最良ですが 作るのに無理があって 難航してますね 時間かかりすぎ もっと簡素に 次の課題です なんせ雨が多くて 畑に機械を入れられないので 
 農法的には 心土破砕 完成です もう少しで 葉物が収穫です 画像ないですけど

麦わら帽子2017年6月7日

vX5ylXhz.jpg
f7a17579752e8c9e438880c6a0f9cd89.png
shaku.jpg
開始前に 音源機材 フリーズして不動状態になり リセットを掛けて オンエア10秒前に 使用可能状態になりました やれやれ と思っていたら 仲間のハッシーが スタジオに表敬訪問 最後までいてくれたので 
近所のインデアンカレーで 珍しく 野菜カレーが残っていたので 同じものを食べながら 近況報告会
 あー 今日も一日が終わったなあ でした

オープニング
MCトレーニング
農業体系
我が国の単位から 自給へ
運動会 から 町内会
まとめからエンディングへ入るところ 残り時間の計算ミスで 番組途切れて終了 はじめてのミスでした



オンデマンドです


2017年6月4日 芒種に入ります

しばらく雨続きで ようやく5日に晴れました
 畑や ハウスの状態です

概ね良好
KC4I0079.JPG

KC4I0080.JPG
KC4I0081.JPG

KC4I0082.JPG

KC4I0084.JPG

KC4I0082.JPG


KC4I0092.JPG

KC4I0093.JPG
KC4I0095.JPG
KC4I0096.JPG
KC4I0090.JPG
あとは御影農場 じゃがいもが 葉を展開 豆はぼちぼち発芽 かぼちゃはこれからですね まだ土の中


2017年 かぼちゃ

KC4I0078.JPG

ようやくかぼちゃの播種です
今年は 去年10年ぶりぐらいに 残った種が自然発生した とっても美味しい白系かぼちゃ 種を 800粒 ぐらいとったので 御影農場へ 約500カブ 播種しました
爺様に 植え穴を掘ってもらい
 其処へ かぼちゃの神様お願いします と 唄を歌いながら 種に気持ちを入れて 播種しました 
さて どうなるか楽しみです 朝から休憩も取らず 一気に播種 午後からは ハウスたてを 日暮れまでやって
 晩御飯は 弟家 両親と 一緒に 楽しくいただきました
あー 今日も良い一日だったなあ 今日という日に感謝です