So-net無料ブログ作成

核兵器の使用 八時15分 鎮魂 黙祷を捧げます

八時15分 鎮魂 黙祷を捧げます

hiro.jpg


今日は 8月6日は 合衆国が世界で初めて 我が国のヒロシマに 核兵器を使用した日 その被害者数は 9日のナガサキと合わせて 46万人以上 と言われています 実際のところ 正確な統計は 合衆国が把握しており 我が国の統計には 諸説諸々 で不正確となっています
 教科書では 様々な書き方がされていますが 核兵器の威力を知らしめるために ヒロシマにはウラン型の マークワン リトルボーイ
 そしてナガサキには その後の量産型の主流となった プルトニウム型の マークスリー ファットマン が使われています
 もちろん 広範囲にわたる威力があり 一般市民の多くが犠牲になるという 各都市の空襲と同じ 国際法違反 は もちろんですが 勝てば官軍 真珠湾の報いとか 戦争終結のため などと 整合性のない話で盛られています
 世界の話で 難しいことになると お金の流れを追いかければ良い というセオリー通り 照らし合わせると
 その後の核の パワーバランスで 平和利用も含めて 核兵器に使用する 原料利権 から 生産 販売利権 すべてを司るのは やはり 銀行家です マンハッタン計画の出資者も 同一
 お金のために 我が国が犠牲になった ただそれだけなんて 悲しすぎます  さらに そのような分析や 話をすると 相手の肩を持つような 発言をされる方がおられて とても悲しい思いをすることがあります 我が民族の尊厳や祖国への愛国心はないのかとその方の倫理観や 国籍を疑います
 ヒロシマ・ナガサキへ 世界で初めて合衆国が核兵器を使いました 唯一の核兵器被害国です なのに 言いたいことも言えない ひどい話です
 広島の平和記念公園 碑文に主語がない 59年7月 当時ゲバラが訪問し あなた方はこれほどひどいことをされて なぜ怒らないのだ と言われたことは もっともだと 思います 妻へ当てた手紙は ハバナの記念館に展示されています
 単純な話 核兵器や 大量破壊兵器 やめればいいこと 皆で辞めてください といえば 辞めるのか??
 使用をやめた 実例があります 倫理観の薄い方は 否定されるのでしょうけど
ストックホルムアピール 
 50年 トルーマン大統領が 朝鮮戦争に 核を投入する動きをしました
それに対して キュリー夫人の娘婿であるジョリオ・キューリーが中心になって平和擁護世界大会委員会(のちに世界平和評議会)ができ、その動きを阻止しようとしました。
 
そのアピールの内容は 私達にとって とても希望の持てるお話でした ネットなどない時代に世界で5億の署名 やれることはある 私達には力がないと思わされている 山本太郎さんが言われたことは そのとおりだと思います 世界を変えるのは 政治しかない 政治を変えるのは 私達 票を持つ 私達ですね 


その内容を 以下に 種まき夫さんのブログから

1、われわれは、人民にとっての恐怖と大量殺害の兵器である、原子兵器の絶対禁止を要求する。

2、われわれは、この禁止措置の履行を確保するための、厳格な国際管理の確立を要求する。

3、われわれは、どのような国に対してであれ、最初に原子兵器を使用する政府は、人道に対する罪を犯すものであり、戦争犯罪者として取り扱われるべきであると考える。

4、われわれは、世界中のすべての善意の人々に対し、このアピールに署名するよう求める。

―これらのアピールを採択、発表して、世界の人々に署名を呼びかけました。

その結果、世界中から5億人の署名が集められました。当時の世界総人口が25億人ですから約20%、70億人の今ならば14億人の署名です。日本からも639万人の署名が集まりました。当時の日本総人口8320万人の7.6%。今の人口ならば約1000万人になります。

1950年2月、平和擁護世界大会委員会書記局から日本の「平和を守る会」宛に委員会への招請があり、それを受けて大山郁夫・金子健太・川端康成の3人の派遣を決めパリの書記局へ返信をしましたが、連合国軍総司令部の渡航許可が得られず、出席は果たされませんでした。今回も同様ですが、アメリカの介入があり、日本の核兵器反対の意思表明は難しかったのです。

しかし、大山・金子・川端の代わりの人選が行われ、無許可であろうが、密航でもして日本から何人か送り出そうとしました。その一人として徳村さんが選ばれるのです。しかし、渡航許可がないので、徳村さん曰く「遣隋使、遣唐使の頃よりももっとひどい小さな漁船」での密航だったそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント