So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

参観日に出席させていただきました

ai2.jpg


今年から評議委員を任期三年 仰せつかり 地域小学校の 運営に関わることになりました 嬉しいことです
地域小学校は 帯広市立愛国小学校 複式三学級 プラス 支援学級1クラス
全校児童数25名です 昨年より 食農教育を年四回開催し 先進的取組として内外ともに高評価をいただいておりました

授業風景は
1年制と二年生は 10という 数の定義
三年生と四年生は アイスクリームを弟の分食べてしまった さあどうしよう を皆で考える 道徳
五年生 得年生は 英語で話そうなのかな 使える日常英語教育でした
支援クラスは 足し算 手作りのお母さんへのプレゼントとか見せてもらいました

どの先生方も 片方の学年の授業をやりながら もう片方の学年も授業を進めるという すごい技を駆使して それに反応する子どもたちも すごいと感じました 何か特殊な能力を発揮する時が来るのかも知れません この子どもたちの将来が 楽しみです

nice!(0)  コメント(0) 

ホコテンで少年は何を見た?その続き


kozou.jpg

前回のホコ天の本部に来た 母と息子さん 音楽を と言われて アテンドさせてもらいました
昨日ホコテンで 彼はコウエイに居てブルースバンドのライブ その後ギターとボーカルで 思わず横に居た東川さんがセッションで加わり 彼は 誰かの再来? かと思わせる 雰囲気を持っていて 若干15歳? 東川さん62歳 お話をしてました 孫ぐらいの年齢
 今後が楽しみです なにかを想像させられる一幕でした ありがとうございます
nice!(0)  コメント(0) 

ホコテンで少年は何を見た?

0000962811.jpg0000962810.jpg0000962809.jpg

6月17日に開催して 四週四度目を迎え 予報では雨 メニューは19チームのよさこいソーランまつり
前日は 大分五名 岡山一名の視察を向かえ 会食で盛り上がり
さて当日は 雨も上がり 難なく開催出来ました
女子がお昼ご飯で居ないあいだ 本部での待機スタンバイ オヤコ母息子(15歳)さんが来店 「あのー」

ハイなんでしょうか 
どうやら音楽をやりたいらしい 空いた場所の片隅で ということで恐る恐る 聞いてきた
大歓迎の意を表して まずは 音響さんに紹介 すると 風体を察した音響さん はじめは 広小路の 静かなところでライブ 客席を用意して 落ち着いてライブ 自信がついたら 交差点にステージを作って ライブだね  という サクセスストーリーを話された
 広小路のライブで使う現場を案内 事務所まで同行いただき エントリー用紙を渡して エントリーを促して
途中 コウエイにも立ち寄り 支配人に 紹介して ライブを開催する可否を聞いたら 毎日でもドウゾ ということで
 ご本人たちが引いていた 
これを逆に見ると
 たまたまラーメンあと
 お昼を食べて みすゞのラーメンあとに 向かいに居た 怪しげな初老のおっさんホコテンスタッフに 音楽ってやれますか? の一言で 可能性のすべてを提供されて ライブステージ2つ 提案受けて まだ バンド構成も思案中なのに 俺どうしたらヨカンべ と言う展開 自分の声にあった 構成を考えたいと 言っていたが 具現性が低いなあ と思いつつ
 お世話できたこと コミュニティーとは こういうことなのか と 少し納得して なんだか 気分高揚でした
 ようやく よさこいも終わり 閉会 撤収後の 終礼も 沢山の人が残り 一日を無事終えれたことに感謝しつつ 終了しました 多くの人とふれあい 長い一日が終わりましたとさ
 めでたしめでたし カクもホコテンとは こういう一面も あるのですね 自分の居場所でした
nice!(1)  コメント(0) 

麦わら帽子2018年7月4日

KC4I0029.JPG

今日は 東京の友人にゲストとして 来てもらいました
本業は 翻訳業その他 才女で 同じ歳 一人世直しを実践する 素晴らしい方です

オンデマンドはこちら


nice!(0)  コメント(0) 

ホコテン コラム

0000960378.jpg0000960688.jpg


ジュニア ティーン 未来を感じます
ホコテンお手伝いをさせていただき 13年 いろんな事がありました
このところ嬉しい出来事 2つ
一つは オープニングで きぐるみチーム 人員不足から 初参加 お互い面識もなく12名が集まり(きぐるみって 一人で歩けないんですよ 介添が必要なんですね) 準備 装備 出陣 パレード YMCAダンス リーダーを決めて リーダー指示のもと 統率の取れた動き 移動 パレードをこなし すべての任務を滞りなく こなしました 若いって素敵です
 もう一つは ベイブレード ホコテンスタジアムとして 7台 用意して 子どもたちが 自主運営ですが 二人対戦のところ もうひとり来ると 仲間に入れてあげて 順番に ゲームするという 心遣い 私達大人が 既得権を主張したりすることがあって  反省するとともに 彼らに 教えられること 多々ありますな
 本来 老人は知恵 子供は未来 なんですが お恥ずかしい限りです
 ホコテンには たくさんのドラマがあります ボランティア 実行委 ぜひご参加ください
nice!(0)  コメント(0) 

開幕 ホコテン2018

KC4I0010.JPGKC4I0004 (2).JPG35522460_1320056364793866_6006289833905881088_n.jpgIMG_9383.JPG


6月17日 当日を迎え やや緊張の中 担当割り振りも終えて その時を待つばかり
万端滞りなく
くす玉も割れて めでたしめでたし
今までで一番良かったかなあ などと胸をなでおろしました

特筆で
きぐるみを4体用意したのですが 人員不足で はいる人 介添倍 の 八名不足 だったのですが
エクスクラメーションから八名 ローターアクトクラブから三名 YUIから一名 応援をいただきました

いずれも 参加はじめての方ばかり 手に持つ用の 風船膨らましを 時間までにやり終えて

朝ミーティングを行い 役割割り振り そして チームリーダー を 選任して すべてをおまかせしました
タイムスケジュール 行動 集合場所 スタート 指示が終わり さすが若手 チームとして 乱れず 任を終えました

良いですねえ 若手 やるなあ若手 やはり なんでも やっていただかないとね エクササイズです
レベルアップしました


nice!(0)  コメント(0) 

麦わら帽子2018年6月20日

 通常編成でした

KC4I0022.JPG

オープニング
ホコテン
チーム運営
草に想う
光合成細菌 解糖系とミトコンドリア系
ニンニク完成
エンディング インフォメーション

オンデマンドはこちら



nice!(0)  コメント(0) 

つどう 其の壱

過去に 工場勤務で 従業員を管理する立場になったとき 多くのことを教えられましたが 社員30名 嘱託 パート アルバイトが 150名 各職場には 牢名主のような人が居て 人のいう事聞かないし 手下も 怖いから逆らわない たくさんのコロニーがあって 仕事忙しいから 余計なこと頼むと アホかって ビクビクしながら頼み事をして 職制職権で指示命令するのは簡単だけど いう事聞かなさそうだし さあ どうしよう と ・・・ 悩む・・・

私は 仕事や 会社や 上司に対して情熱的ではなかったし 批判的な 扱いにくい存在だったですね  仕事会社も好きではなかったので これは困ったなあ などと思っていた時期がありました
 その逆で 好きで 情熱的であれば 士気も上がり さあ みんなでやろう と 盛り上げただろうと思います  でも そうでなかったので 考えた挙げ句  違う方法を取ることに しました
 画像は 帯広歩行者天国実行委員会の13年目にした初めて 皆で作り物をやりました 17日の オープニングで使います 棟梁なしの ワイワイガヤガヤで 三回集まってもらい ついに完成!! たまにはいいですなあ

KC4I0034 (2).JPG
 
nice!(0)  コメント(0) 

2018キャベツ

KC4I0035.JPGKC4I0034.JPG



まだ完全に巻いてないですが 無肥料なのでということで 大きくはならないという
そんなキャベツですが 毎年 あっぱれと思うことがあります

一度収穫後 小さなキャベツが できてきます

切り取る葉の枚数で決まるのですが 2~3枚残しが 最良です

四枚以上は キャベツが肥大しないので 小キャベツとして使いますが

2つ残しで いい感じに 肥大してきました  まだ本キャベツが巻いてないのに 同じぐらいに収穫できそうで なんだか 優等生を見る感じで 見ています しかも 無肥料で 安全で 美味しいし 食べてほしいですね
nice!(0)  コメント(0) 

縄張り

KC4I0021.JPG


 利権があれば むさぼりに やってくるのは世の常
虫や カエルなどが繁殖すると ネズミがやってきて 巣作り 子作りで どんどん繁殖してゆきます 一時は ネズミの天下と思われるほどに ネズミ一色になってゆきます
 昨年のこと 豆を播種しても 一晩のうちに 全部ほじられて アナグラに保存用として運び込まれ 一粒も 発芽しません それを三回繰り返して 全滅  ボリュームは ハウス一棟ですから かなりなボリューム ネズミ 10家族分は 優にあるでしょうね (今年は 菌液散布で ノーダメージ) しかも一年分 そうやって 増えすぎた感 があると 
 今度は そのネズミを捕獲しようと 蛇がやってきます 彼らは冬眠するので 冬や 春の早い時期には 登場しません 有頂天になったネズミは いいところで 捕獲されてゆきます 蛇も卵を生んで 増殖するのでしょうか アチラコチラで見かけるようになります
 こちらも増えすぎると 狐などが やってくるのでしょうね 弱肉強食の世界 ちょっと違うような 自然の摂理 自然の中の 個 自然であるために すべてが向かう方向は 自然であることを 維持継続すること そんなことなんでしょうね 
 自然栽培は 観察が主な仕事 と言われるぐらいですが 見ていて飽きないですね 現象は 人が考えた 当てはめ 見えない部分や 彼らの事情 考えもつかない 関係性 面白いです  ただ ぼーっと 見ているだけ 色んな意味を感じることができますよ

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -