So-net無料ブログ作成

陰陽 自分実験

gogyou.jpg

昨日 実家への手土産に 榊屋さんの お団子を買ってゆきました きなこ類よりは あんこ類が好きなので 10本ほど あとは黒糖まんじゅう
弟家と 鍋を囲んで最後は雑炊 そのまま 仕上げは お団子 ごちそうさまでした と 選別してもらった黒千石をクルマに積んで 帰宅
 少し調べ物などをして 寝付けないので 好きなバーボンを ダブルで
夜中に寒くて何度も目が覚めました
 一昨日までは 暑くて布団を剥いで 寒くて目が覚めるパターン 塩分を極力取るようにして 健康診断にゆくと 血圧が高め 人生初めての 高血圧 再測定 歳も還暦を過ぎて 加齢とともに あがってゆくのが正常なので やった とよろこんでました  看護婦さんは 高いですねえ もう一度測りましょう と言われましたが 高いのはいいねと 思ってました そして 夜は体がポカポカ まさに理想です
 甘いものを食べて 陰性 お酒を呑んで 陰性 陰と陰 そりゃあ冷えるでしょ 
 やっぱり冷えました この反応の仕方 塩 血圧 陰性 冷え すごく正常でした お陰で 大寒 寒い日 体が冷えて戻りません 部屋着を厚着 部屋手袋に ひざ掛け でも 中から冷えているので 駄目ですね
 体の不調 不妊 とか その他の不調 思い当たるフシはないですか? 陰陽 中陽 大切ですね 

自然栽培野菜を感じてもらいました

とても嬉しい話でした

やぶ田ファームの野菜を八百屋 猫又屋さんの店頭で 見て 何かを感じて 買ってもらいました それを食べて また感じてもらえて


ご本人は 八百屋猫又屋さんに連れてきてもらい 農場に来てもらいました その時のことを記事にして フェイスブックに投稿されました これほど深く感じてくれる方がおられること 嬉しいの一言です 以下コピペ

16174773_347954898921187_2045954966366273706_n.jpg

【真の自然体】
 
 
帯広市愛国町には、
自然農法で野菜を育てている やぶ田ファームがあります。
 
 
やぶ田さんの畑は、
耕しもせず 肥料もやらず 草ぬきもせず
種をまくときにだけ水をあげる
 
あとは自然にまかせるのだという。
 
 
できるだけ人間のちからを加えず 自然に育つよう 見守る。
 

16174775_347955585587785_1981973356178141285_n (1).jpg
 
 
「お金も手間もかからないし、機械もいらない。簡単だよ。だれでもすぐ始められる」
 
おだやかな声で言い切るやぶ田さん。
 
 
 
そんなに放任にして大丈夫なの?っておもっちゃうけど
 
 
目指すところが、
【大きくて見栄えがする均一な野菜】ではない
 
【自然そのもののエネルギーを蓄えた野菜】だから
 
形や大きさの良し悪しは、あまり眼中にないようだ。
 
 
 
「割れたトマトはピューレにしたり、大きすぎたキュウリはピクルスにしたり加工してるよ」
 
ハネ品のような基準はないらしい。
 
 
 
「寒さで大きくならないこの菜っ葉も、彼は売りに行ってくれるしね」
 
「ランチプレートに添えたりするのに、むしろ小さいほうが良いって声もあるよ」
と、
八百屋・猫又屋の野田さんが
イキイキと収穫して ワゴン車につんでいく。
 
 16195322_347956372254373_2922831756441781013_n.jpg
 16195717_347956205587723_7581855691874008882_n.jpg

16265653_1262934103774767_8000193010844605679_n.jpg
わたしも何度か猫又屋さんの配達でいただいている
【やぶ菜】 
 
甘くておいしいという味覚的な魅力だけでない
もーっと深くに ひびいてくるような
心もからだも喜びはじける!
というような 力強いパワーをいつも感じていました。
 
 
野田さんにお願いして、ご一緒させていただき
初めて畑を訪れたこの日
 
収穫をお手伝いさせていただきました。
 
 
雪に半分埋もれたようなビニールハウスの入り口まで
3人でワッセワッセと 雪かきしながら向かう。
 
 
なかに入ると、
しっとりふわっとした空気の粒子に
草っぱらみたいな 心なごむかおりがしました。
 
 
暖房はつかわず、ビニールで覆っているだけの畑。
 
 
 
なかをのぞくと、きみどり色の菜っ葉たちが生育中!
 
みずみずしい輝きに目をみはります。
 
 
そのうちの一列は、収穫したあと残ったちいさな株が ちらほら。
 
 
「こんなに小さくて、普通だったらクレームになるんじゃないか」
 
 
やぶ田さんは出荷できないと思っていたそうです。
 
 
そんな心配をよそに、野田さんは自ら収穫して、
自ら届けに十勝を走りまわっている。
 
 
 
この子たちに蓄えられた 目に見えないエネルギーを伝えたいから
 
見ための良し悪しで判断してしまう ひとの意識も変えたいから
 

16298459_347956538921023_4149105187956625294_n.jpg
 
自然も、ひとも愛する
清いこころの
猫又屋さんは、愛のメッセンジャー!
 
 
たんなる八百屋じゃあございません。
それは、会って話しているとわかります!おもしろい素敵な方です。
 
 
そう そして
わたしのところにも、想いとともに届けてくれたから
 
感動にみちびかれて
畑をおとずれることができた。
 
ほんとうに、有難いことです。 
 
 
 
土に根をはる菜っ葉にふれたとき
 
「会いにきてくれたね 待ってたよ」 って
 
 
菜っ葉が 
いってくれたような気がして。
 
 
その声を感じよう 感じようと
目を閉じると、
 
ものすごいなにかが内に流れこんできて
 
毛穴がひらくような 震えがとまらなかった。
 
 
実は、数日前から風邪をひいていてなかなか治らず、
朝も症状が出ていたのに
このときからスッと軽減しました。
 
 
ふしぎな体験! っておもうけれど
ふしぎなことでもないのかも。
 
 
そもそも自然というものは
人間がつくりだした枠を超越してる。
 
 
目に見えないエネルギーを与えてくださった
菜っ葉に
畑に
自然に
 
「有り難うございます」
と、深く感謝をつたえました。
 
 
 
収穫のあと
やぶ田さんと二人 ストーブにあたりながら、
2時間くらいじっくりと
 
自然栽培の概念・土の構造や 人工的な行為が及ぼす影響 自然食と疾病の関係・・・
 
などなど
深ーいお話を聞かせていただきました。
 
 
詳しい内容はわたしが説明するより、やぶ田さんご本人からの情報発信をみていただいたほうがよいかと。
フェイスブックから、ブログのリンクもあります。
 
 
 
純粋にわたしが感じたのは、
 
 
「真の自然体」
 
 
良いことだからと押し付けたり
周囲を巧みに操作しようとしたり
反発や批難をする人達と争いをするようなこともない
 
 
私利私欲にまどわされず
「ビンボーだよ」と、笑ってもいました。
 
 
帰りぎわ 握手をしようとしたら
手袋をはずして、
握りかえしてくれた
 
 
あたたかい心が伝わるのに
言葉は要らないのですね。
 
 
 
自然のパワーがあふれていた、やぶ田ファームの畑。
 
 
ひとりでも多くの方に、知っていただけたら
菜っ葉をひとくち 食べていただけたら・・・
 
 
猫又屋の野田さんの想いに
わたしも想いを重ねます。
 
 
わたしが今日、感じたこと
 
自然界の計り知れないエネルギー
 
 
受けとろうとする心さえあれば、
だれでも受けとることができるのだとおもいます。
 
 
それは、心も身体も
真によろこび
健康になり
しあわせにつながる
 
 
自然も、人類も
そうなることを願っているのだとおもいます。
 
 
野田 尚さん ありがとう

[黒ハート][黒ハート]
ちょっと、目頭が熱くなったー(泣)
こころ通じる人が一人でも、二人でも、増えますようにと願って、八百屋稼業を続けます???

a・h
心が伝わるようにと、こちらの心を差し出して、
手をとりあって、本当に幸せなほうへみんなで生きたいですね!!
こちらこそ、感謝です
[ぴかぴか(新しい)]..


やぶ田 秀行
おはよう 昨日は来てくれてありがとう 二人合わせて 120歳 歳とともに涙もろくなってますが これからもよろしくね 決して無理な頑張りはしないけど 精進します


A・h
おふたりの深い絆にも感銘をうけました
[ぴかぴか(新しい)]

お野菜も、土も、自然も...

野田 尚 ありがとう

[わーい(嬉しい顔)]
今日も元気に、間も無く出発します???[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

写真見て読ん見ながらホントホントそうそうと思いました。私の畑も種まきの時だけ水をやってあとは自然にお任せです。美味しくて日持ちのする野菜が出来ます。

やぶ田 秀行
素敵な感じですね 此処は耕されたことがない場所なのでしょうか 十勝は 大型機械で徹底的に耕されてきたので 作土 耕盤 心土が はっきりと別れています 我が国で一番ダメージが大きい畑かもしれません

A・H
そうですよね、以前カブの話をされていたことです。
それ思い出して、わーリンクしてるってちょっと興奮しました(笑)

畑のようす、また投稿してくださいね!
実はそれが自然なんですって。

本当の意味で自然と向きあい
自然と共にあろうとする、
やぶ田さんのような存在が十勝にいらっしゃることは、とても重要な役目を担っていると思われます。...もっと見る


食べなきゃ……….。o○笑

A・H なにも考えず、食べてみて!
心の反応をみてください

[ウッシッシ]
            

何も考えず………何も……ね

[ダッシュ(走り出すさま)]


やぶ田ファームに行ってみたくなりました

[exclamation][わーい(嬉しい顔)]


十勝に来たら、豚丼じゃなく
まず やぶ菜を食べるのがオススメ(笑)

じゃ 皆で 盛り上がろう いつでもいらっしゃいな


お野菜たちも、みんなを待っていますね。きっと!

また会いにいきます

[わーい(嬉しい顔)]

麦わら帽子2017年1月25日

16114309_10154984922293817_9061283544926534546_n.jpg

オープニング
 麹おこし
 味噌の寒仕込み
 やぶ菜で感じて
 データベース
エンディング

オンデマンド

寒仕込みならば 其の参

DLARGE.JPG

金山寺味噌用 豆麹も 無事に起こしが終わりました 一部 水分多すぎて べたー と成りましたが それは次回反省材料として アレンジしますが コウジ部屋が必要と言うことですね クリーンベンチのような 麹カビが漂っているような環境ですね キャンプ用テントの小型 パラソル 着替えようテントとかで 麹菌液を入れた 加湿器 あるいは アロマ加湿器で 菌を飛ばすとか 子供が喜びそうなお遊び感覚ですね

 仕込み黒豆は 16キロ これを51センチ寸胴で うるかせて 火入れ 保温調理 指でつぶれるぐらいに茹で上がったら ミーサーで 潰します これに 八時間 かかりましたが 動力を使ってはいけません 早くて楽ですが 愛情を込めて 手でやりましょう 
 動力チョッパー ミーサーは 大変危険です 怪我をしないためにも 手回しでどうぞ

 チョップが終わったら 麹と塩を混ぜておいたものと 撹拌混合です 大型の袋 漬物袋 布団収納袋などで入れてから コン釈すると楽です あとは 箱に入れて熟成です

KC4I0097.JPG
KC4I0098.JPGKC4I0101.JPGKC4I0105.JPGmiso.jpg

麦わら帽子2017年1月11日

hinoto.jpg
15589608_144904962662776_673030634868826402_n.jpg

昨年末放送が 12月28日 そして 交代でやってもらっている ケンさんの番組が 1月4日 で お正月特別編成に外れていたので 暦通りの 11日 初出となりました
 清々しい気分で 今年もよろしくお願い申し上げますの スタートでした 今年3月7日で 7年目を迎えます

オンデマンド

寒仕込みならば 2017 其ノ貮

KC4I0065.JPG

KC4I0066.JPG

コウジカビ培養中
20時間経過して 温度上昇してきたので 第一回目の撹拌です すごくいい にほひが してます ボチボチ表面に コウジカビさんが でてまいりました あと50時間 よろしくお願いいたします

さらに 24時間経過 44時間目 切り返し二回目です その前に 撮影 一部金山寺コウジの 色が出ました 順調です 画像から確認できたのですが 可愛らしい 「毛」 が生えてました

KC4I0072.JPG




寒仕込みならば2017

54940616.jpg

a0322_02.jpg

kouji_hikaku.jpg


寒い時期の仕込みは 酒 醤油 味噌 漬物 ですな
どれも 微生物 コウジカビを使った 我が国伝来の 発酵加工食品です 放射能に対して 内部被曝除染に有効であると記述がありますが  セオリー通り 長期慢性複合的に ありえないとなっているのかどうか・・・
KC4I0057.JPG
当方 豆を栽培しているので 原料が手持ちあり ならば味噌を仕込みます

ポイントは 麹の入手ですが 米麹 麦麹 は 購入すると キロ 千円前後 20キロならば 二万円

今回は 自分で培養することにしました 金山寺味噌よう コウジカビが 入手可能だったので 15キロ用 20gが 四百円台 これは 買いでしょう

今仕込んでますが 昨日から 20時間経過 ようやく発酵熱を出しはじめ 温度が上昇してきました 72時間で仕上がり予定です さて どうなるか 楽しみです


KC4I0060.JPG

金山寺味噌(きんざんじみそ)は、和歌山県、千葉県、静岡県等で生産されている味噌の一種。なめ味噌の一種。径山寺味噌(きんざんじみそ)とも書く。
和歌山県の特産品として和歌山県推薦優良土産品に指定されているほか、千葉県でも特産品、推奨土産品として扱われている。

オーガニックサポートさんの 企画 2017

15844312_1074207146039839_6267343026592457328_o.jpg

15940809_1074207169373170_8885644724652198307_n.jpg



8年目 ということでした
毎年恒例行事で 札幌で開催される オーガニックサポートさんの 勉強会 講演会など そして 昨年からは 消費者さんへのアピール と言う意味で 販売会 そんな企画です

昨年は札幌カフェ会場で 建屋の中で開催でした 過去 駅前の佐藤水産さんのビルとか ありましたが
 今年は 札幌地下歩行者空間 での開催でした

まずは 講演会 販売する側からのナチュラルハウス 白川代表さんの お話 力強いお話でした

販売会では 生産者トーク インタビュー形式で お話を伺う企画で 私は MC 担当 一時間半ほど お付き合い頂きました ちと疲れがありましたが まあ70点ぐらいでしょうかねえ トカチッタで MCトレーニングが 生かされていたように思いますが 歩行者さんにはどう映ったでしょうか

最後は 懇親会 これほど 老若男女混合で 盛り上がる 熱い 懇親会も 珍しいのは いまだ健在 毎年すごいですね 心安い洋風居酒屋さん 狭い空間に ひしめき合って 凄い気が充満して 楽しめました お酒の量も 半端でなかったように思います
 六時スタートで そのまま 二次会 終わりが 12時前でした 一次会なかじめ 挨拶の時の 画像に 照明の光の筋がスジのように写って スサノウ系か アマテラス系か 色で違うらしいですが 青と 赤 そうなら 素敵ですね
 泊まりは 狭い部屋で 雑魚寝 男4人 寝返りできない狭さ それもまた楽し
 毎年 素敵な仲間と逢えることが楽しみです 話も尽きず 盛り上がり 得るものも 大きい そんな一日でした ありがとうございます

お正月2017年

15741020_10207309821378621_4756809611866075358_n.jpg


年越しは 愛国神社で 御神撰おしるこを振る舞いながら 午前0時を迎えます
そのまま お神酒をいただきながら 3時頃までご奉仕をして
元旦11時には 町内会の新年こうれい会に出ます その年の 厄年 還暦のなおらいがあれば およばれして 一日が終わります
2日からは 家族と過ごし 5日には 消防の出初式と 慰労会 翌日からは通常営業に戻ります
 通常と言っても 仕事や作業をするかどうかですが 無ければ 何か用事をしてますね

 そう 今年は 大晦日に 数時間かけて 仕事部屋の掃除をしました なかなか出来ずに居たのですが その気になるかどうかだけの問題ですが 敢行しました
 おかげさまで 新しい年を迎えることが出来て 感謝しています
 週末は札幌で 恒例の 集まり 若手と同行して 一泊 楽しんできました それはまた後日

 とりあえず 近況でした

大注連縄2017

KC4I0054.JPG

今年も 無事 愛国神社の大鳥居に 大注連縄が奉納されました
毎年 夏のスゲ刈から 乾燥 編み上げ 延べ人数 工数をたくさん投入して 完成します
これがなくなると 神社の構えが どうなるのか 長く伝承したいものです
若手継承者が少なくて  なんとか継続はできそうで 毎年楽しませてもらってます