So-net無料ブログ作成
検索選択

巨匠 お二人の会話

atuta.png

お写真は ググッて 寄せました

1998年 勤めをやめて 農業の道に進んだ初年度 夏の実習を終え 冬に 小松光一先生(農村社会学者さんで 帯広農業塾の 二代目塾長先生)のご紹介で 千葉の 熱田忠男さんのところへ実習にゆかせていただきました 数百年はつづく 農家に 婿として来られ 想像を絶するご苦労をされ 当時から 永久農法を実践されて居られました パーマネントアグリカルチャー と言われて居られました たくさんのことを学び 自然の仕組みなどをお話いただいた記憶があります 私が今あるのも 熱田忠男先生の存在が大きいのかもしれません
 先日 ご夫婦で 十勝に来られ 嬉しいかな 一日 運転手として 使っていただきました 道中 たくさんのお話をさせていただき それに対しての 丁寧なコメントなどをいただき 有意義な時間を過ごさせていただきました
 うちの御影農場も見ていただこうと移動し 途中 ご迷惑かと思いましたが アポ無し突撃で 泉先生の 農場へ よらせていただきました 作業の手を止めさせてしまい 申し訳なかったのですが 巨匠お二人が 短い時間の中で 会話をされ 通じ合うことの凄さに圧倒されてしまいました 同じ時代を 苦労して乗り越えたお二人にしか出来ない会話でした 横で 聞かせていただいて 私のはいる隙間は 全くありませんでした 圧倒され すごい!! この一言です 私には お二人の真似はできませんが なにかよいきっかけを頂いたような気がしています
 農業 永遠なれ 子どもたちの未来へ 精進します

環境保全型フクシマハウス有機農法 其の壱拾

最終日 予定目一杯
煙突 燃料配管 電気配線 ブライン投入 試運転 さあ 予定時間に終わるのか・・・
 
終わりました

やれば出来るじゃあないかあ
 さすが実績を積んだ 職人さんです
電気配線は 私が やって 埋設もやりました 綺麗に出来た方です 職人さんに 綺麗にできたね と 褒められました 自分でもいい腕してるなあ などと 思いながら やってましたし


150927_125943.jpg150927_130008.jpg150927_130031.jpg150927_130034.jpg

試運転 漏れなし 
おや?
 一箇所 漏れです 修正してもらいました 配管が太いんです やりにくい・・・

治りました 

順調に運転できています 圧力低下なし 漏れなし 温度調節 効いてます バルブ操作 OK 切り替え OK

すべて問題なし 

完全終了しました 冬季 地温を上げて 栽培に挑みます 水曜日 30日 第二回目のは種 やります あとは 収益と 原価ですね 

今のところ 第一回目のは種は その後順調に成長しています

150927_125955.jpg150927_125959.jpg

ゆうざいしんぱ 路地の行方

150926_093548.jpg150926_093540.jpg150926_093534.jpg


発芽が認められました 霜が来るまでに どれ位 成長できるか ある程度見極めができることを祈りつつ 発芽に感謝です
 ゆうざいしんぱ 有材心土破砕は GLマイナス 400-600 バックホウで 掘り込み 麦稈 や 草を 埋め込みます 土を戻し 整地をして は種をやりました 今回は ほうれん草 240m しろ菜 二十日大根 240mです 
 さあ これで 無肥料 不耕起 無投入 慣行並みに 収量があれば 幸せなことに なるやも 祈ります

 いつものように 懐疑的攻撃をいただくことは必至ですが 現物 物証が出現するので 説明はいらないですね とても楽しみにしています 


環境保全型フクシマハウス有機農法 其の九

150926_110043.jpg150926_154927.jpg150926_154931.jpg150926_154951.jpg150926_154927.jpg


九月二六日 朝八時開始 本工事が始まりました 配管のつなぎ 埋設 分岐 お昼は 釧路から見学に来られた 野口さんも加えて みどり食堂へ お昼ごはんをご馳走しにゆき ジンギスカン味噌味 いつもながら 美味しいジンギスカンを堪能しました 午後から作業続行 ボイラー設置 あえなく終了です 五時前には 終わり ボイラー煙突 105から 120へ 交換しに ホーマックへゆき 馴染みの居酒屋さん 空伊亭へ お二人は テレビっ子らしい 芸能スポーツ の話がたくさん出て 私には ちんぷんかんぷんでした 美味しいお料理 お酒をいただき 私は ノンアルで我慢して 今夜は 早めの帰宅 
 27日は 最終仕上げ 燃料タンク 煙突 電気配線埋設工事 不凍液投入 試運転 こんな感じですね 
 無事終了することを祈ります 

環境保全型フクシマハウス有機農法 其の八

150926_072017.jpg150926_072022.jpg150926_072036.jpg


昨日 今回施工していただく ラジアント社のお二方が来場されました 空港へお迎えに行き 途中 うちの豚丼を レストラン セバで 食べていただき  美味しいと喜んでいただいて 取っ掛かりのお話も弾みました
 現場到着 送り込み 部品に 設備 工具を点検 実施
 アクシデント発生!! 今回使う 特殊な樹脂配管 20A メインで 25 と 40 融着機の 20A が 入っていない!!
 時間は 16時 送り先は 大阪府岸和田 今から関空載せて 千歳止めの 赤帽か バイク便なら 今日中の到着ですが 先方は出来ないの 一点張りらしい 配送手配の腕がいとわろし 何でしょうかこれは 通常航空便の手配でも 翌日午前中到着は 簡単なのに 中一日 通常配送じゃあ・・・ トラブル アクシデント 変更 キャンセル しごとに これはつきものですが それをどう対処するかが 腕なのに・・・ 作業日程 一日で 予定組だから致命傷ですね
 その後 17時になって 必要部材購買に 近くのホーマック大型店で 煙突 配管 断熱 電材 基礎ブロック ゲット
 問題の 不凍液 PG EG やはり家庭用の なんじゃこりゃあ 状態 即 普段お世話になっている 設備屋さん ひまわり産業 高橋さん電話 出ない・・・ お店に電話すると 会議中らしい 事情説明をすると ひまわりおねーさん 担当に替わります こちらも 技術屋さんに変わります で 代理の代理で 品物決定 あとは 現物入手方法 西7条5丁目 問屋ヤマダ機械さんにあるらしい 営業18時半終了 間に合わない 外に 来店引取で置いてもらい 19時 引取にゆくと
 ありました エチレングリコール原液 18リッター 斗缶 5缶 さあクルマに積み込んで ホテルにチェックイン 玄関にクルマを横付け しばし待つ間 警備が来られて 移動らしいけど 私の この寒いのに アロハに ポニーテール そうですか と 怯えた様子で戻ってゆかれました 
 さあ ごはんですよ 潮華さんで まずは ザーツアイ シンハービールで 乾杯 あとは 老酒 これがまた美味い わたしは ノンアルでがまん よそでは絶対に食べられない パクチージェノベーゼ そのた すご料理 さいごは タイスキ シメの 麺 雑炊は お断りして 満足 技術屋さんお二人は 世界を股にかけた 食道楽だそうですが さすが 潮華さんの 料理 絶賛されてました お連れして 正解でした
 夜も更けてきたので 今日はこの辺で お開きとゆーことで あすは 8時開始 

黒千石大豆 その後

150922_133407.jpg150922_133431.jpg150922_133452.jpg


黒千石大豆は トレンドで もてはやされていますが 其の効能が

漢方では、黒豆は身体の成長や発育、生殖をつかさどり、腎を補うものと考えられてきました。そしてその薬効が、皮の黒さに起因するということも古来理解されていたようです。
黒さの源になっている物質は、アントシアニンという色素。ブルーベリーに含まれることでも有名なポリフェノールの一種です。 もちろん大豆そのものの栄養価の高さはいわずもがな。大豆パワーとアントシアニンの効果を兼ね備えた黒豆は、最強のヘルシーフードといっても過言ではありません。
「黒千石」に免疫バランス調整機能があることを発表。7種類の豆と比較研究した結果、黒千石にだけ、リンパ球を刺激してがんへの免疫力を高める「インターフェロンγ(がんま)」を誘発する物質が存在することが発見されました
これだけの大豆パワーとポリフェノール効果を併せもっている黒豆は、まさに現代人にとって救世主となる食べ物といえそうです。

などと表記されています 健康増進法 薬事法 違反の表現かもしれませんが 

それはさておき 黒千石大豆 自然栽培適合品種の中では 群を抜く優秀さです 逆に施肥では作りづらいようです

今回の試験は シバムギ群の中に 根っこのマットをめくってその下に種を置くというは種方法で挑みました 発芽率の問題もあるのですが シバムギと共生し 開花 結実しました あとは充実を待つのですが この先楽しみです

 常識的には ありえない光景です 仲間が来て 撮影してくれましたが もらってないので 携帯画像で とりあえず 見てくださいな


ゆうざいしんぱ

北海道大学 元准教授 相馬克之先生が推奨されていた ゆうざいしんぱ 有材心土破砕 です 硬盤層を割って掘り込み 疎水材と成るような 草などを埋め込みます
 自然栽培でも この効果は過去認められていることなので とにかく 掘って掘ってまた掘って 草などを埋めます 今回 環境保全型フクシマ有機ハウス への ラジアント農法導入に際し GLマイナス4-600 掘り込みパイプを埋設工事があったので 一石二鳥 ためらいもなく 疎水材を投入しました
 はじめは草を刈り込んで 投入しましたが 近くの草がなくなり 次はドコをかろうか 物色していると 養豚をやっているおとうとから連絡があり 麦稈 持って行くよと 吉報届く 150束 4トントラックに積んで持ってきてくれました 
 工事も16日に 終了となり オプションで 路地に ゆうざいしんぱ セット 本日 二うね完成し 播種しました ほうれん草 しろ菜 ラディッシュですが 時期的には 出遅れた感じです
 今後は 先ほど購入したトレンチャーが届けば メンテナンスをやって 掘って掘って掘ってまた掘って 目標30a 施工しようと考えています 今回のうね二本は その確認試験でもありました
 ひとつ前の 記事に 発芽状態が出ておりましたが 作物のみの発芽で 草の発芽が写っていなかったと思いますが 願わくば 作物だけで 最後まで成長してくださいね と 祈ります
 有機の最大の仕事は 除草ですから それがなければ 果報は寝て待て かもしれません ハウスなら 水ぐらいは 潅水した方がいいと思いますが


150922_085446.jpg150922_085510.jpg150922_085538.jpg

2015年9月23日麦わら帽子

 
昨夜の 麦わら帽子 ゲストに 佐藤健司さんをお迎えして 人間 佐藤健司を 大公開 ちょっと違うなあ 佐藤健司のヒューマンドラマ これも違う フリートークだとご本人は言っていたけど リスナーさんに 彼を知ってもらう そんな構成にしたつもりでした

オンデマンド こちらから


環境保全型フクシマハウス有機農法 其の七

其の六での発芽状態 見ていただいたことだと思います 画像から得られる エネルギー 感じますか?

150923_071628.jpg150923_071618.jpg150923_071525.jpg150923_071224.jpg


 なにげに 発芽ですが 草が出ていないことに ご注目していただけると 面白いと思います
 草が生える最大の条件は 肥料施肥 耕起 ですが どちらもしていないので 草取りの労力が ゼロ しなくてもいい とゆーことは 収穫だけ ということになります
 これで収穫量が 慣行栽培並みにあれば 原価としては 最高条件です 一人でどれだけの 面積がカバーできるか たぶん三反歩ぐらいは 栽培可能ですね 収穫も 調整がなくて 梱包ならば 最高です
 量販店ならば 下葉 4枚除去 夏場は六枚除去ですが 自然栽培の作物は 腐敗しないので 必要ありませんし 一人で 数時間で百箱 は可能でしょうね 調整ならば 10~16時間で 40ケースぐらいでしょうか 大変な作業ですね 金額としては 2工数 単価一万円 二万円払って 40箱 一箱500円 20袋入りだから 一袋25円 袋代が6円 箱代が 歩留まりが などと計算すると じゃあほうれん草の値段は いくら? 量販店は 売価の35-40% を取るわけですから 仕入れがいくら 生産者には 一体いくらゆくことに? 結局 びんぼーヒマ無し状態になるのでしょうか・・・こちらは専門外なので なにか良い設備ができたり 詳細は変わっているのかもしれませんが 過去やっていた時は ひたすら 調整袋詰 でした

 普段なにげに 量販店で購入するほうれん草などは 資材 労賃 歩留まり損 が 大きな割合を占めています ということが おわかりでしょうか? 嫌な話ですけど・・
 我が国の野菜が 世界一高いと言われることの 原因が其処にあります 消費者が創りだしてしまったことに 気がつけば 何かが変わりそうですが・・・ 此処 大事なとこですね 今回の環境保全型フクシマハウス有機農法 での アウトプットは そうならないように PR 啓蒙活動抱き合わせでやれるといいですね


バイオタベーション

150922_060925.jpg 

なんだろう ッて思いますよね
微生物やミミズ 虫 小動物が 土を耕すことだそうです 西村和雄先生が おっしゃってました さしずめ ミニミニ耕うん機とでも申しましょうか というくだりがありました

 今回 ハウスを掘削して オケラが何度か登場してきました かわいい姿ですが 穴掘るスピードはすごく早くて あっという間にいなくなります 身体は ビロードのような肌 愛嬌のあるカッコウ 穴掘りに徹する前足

okera.jpg

 博打に負けて すっからかんになって バンザイするカッコウから オケラ と言われるようになったそうですが
 普段はあまりお目にかかることがありませんが いてくれることで 土の状態を知ることが出来て ありがとうですね 土の表層を 掘り起こしたあとが残ってました すべての生きものに ありがとうです