So-net無料ブログ作成

其の六 近代史のダイジェスト版

KC4I0275.JPG

其の六 近代史のダイジェスト版
我が国が欧米列強に追いつけるのか、国を挙げて取り組みが始まりました。先の火薬も我が国独自の開発された火薬を使いました。その技術力を世界に知らしめたのが、戦前の理化学研究所でありました。医療、農業、工業、化学すべての分野において、取り組みがなされ、諸外国にはない独自の技術が確立されてゆきました。
 農業技術においては化学肥料が挙げられますが、世界の歴史では、ドイツが1913年にハーバー・ボッシュ法として完成したとあります。これは空気中の窒素を、五百度千気圧にして鉄の触媒を使うとアンモニウムがとれます、アンモニウム態窒素は植物の体を肥大させてくれるのでこれが化学肥料と成りました。ほんらいは、アンモニウムから硝酸を作り、火薬を製造する技術です。翌年14年に世界大戦に参戦していますが史実にこの関係性はありません。
 我が国は1908年にチッソ株式会社の前身である、日本窒素肥料株式会社が空気中のチッソを固定して、肥料の製造をしています。史実からは消えてますけど。
 更に驚くべきことは、化学肥料は使用されていないのです、天皇家では、子孫繁栄ならずと、一切の自然でないものは排除されています。このことに戦前の理化学研究所が関わっていますが、我が国国民も、皇族に習い、化学肥料の不使用を推進していました。私の祖父がこのことに関係する当事者、理化学研究所の農産研究室主任研究員でありました。
 残念ながら敗戦後、主権を失い、連合国が統治し、大きな戦争が終わり、あました火薬は肥料となり、統治国占領国に使わすことは当然の成り行きだったのでしょう。
 このあたりから、我が国の本当の白人支配が始まってゆきます、彼らの思うような使われ方に入ってゆきます。
白人に支配されるアジアを開放するために、各国と力を合わせて、白人支配を開放してゆきます。大東亜共栄圏の構築、及び、大東亜戦争の始まりです。怒った白人勢力は、我が国に対して、最後通牒を渡します。 その結果ハワイ真珠湾の攻撃を敢行するのですが、休日であっても演習で殆どの艦船は湾をはなれて老朽艦だけが残っています。我が国海軍を使ってやらせた感が強いですが、いつの時代も、ベトナムのトンキン湾事件は架空でしたし、911に至ってはタワービルに突入した航空機は完全なCGですし、変わらず同じ手口で、戦争に対する国民の同意を得ていますね。当時のルーズベルト大統領は戦争をしないと宣言して大統領に成ったはずですが・・・。
 先ごろ我が国に来日した(2017年11月)、合衆国大統領が いまだに リメンバー・パールハーバーとコメントしたのにも驚きでしたけど。
 時間軸は1945年、マンハッタン計画に2つの銀行家が出資し、すでにウラン鉱山も彼らのものに成っていました。ことごとく和平交渉を断り、戦争を継続して、ウラン型のマークワン、プルトニウム型のマークスリーを使う必要がありました。新たな核抑止力冷戦の時代に大きなビジネスがあるからです。8月6日ついに、世界で初めて合衆国が我が国に対して核兵器を使用しました、9日には長崎に、合わせて40万人の人が殺され、いまだに真珠湾の報いだと言われています、私達が受けてきた、反日教育も「長引く戦争の早期終結をさせ、多くの将兵の命を救った」などと教えてくれています。もっとまともな教育を受けさせてくれないものかと悲しい限りです。
 条件は揃いました、敗戦です、我が国は主権を失い連合国が統治し五年間の占領時代に入ります。ポツダム宣言には、主権を取り戻したときには、外国軍隊は90日以内に国外に退去しなくてはならないとあります。サンフランシスコ講和条約にも、同じことが謳われていました。
 講和条約調印は、50カ国以上が賛同して華々しく調印されましたが、同日午後、米軍下士官クラブの一室で、総理大臣吉田茂一人が出かけて、公式和訳もない安保条約に一人調印をしています。此処からが、合衆国支配の始まりです。続々と不平等条約が締結されてゆきます、「日米地位協定」「日米原子力協定」「日米合同委員会」現在首都圏の制空権もありません、航空機が大回りするのは「横田ラプコン」という合衆国の制空権が存在するからです。軍属は我が国へは出入り自由、法律も適用されず、砂川裁判など最高裁も判決には指示が来ます、ひどいですね。
ユナイテッドネーションと言う国際連合が設立されています、常任理事国が核兵器を保持できます、可笑しいですね、ユナイテッドネーションを和訳すると、連合国ですが、任意団体みたいなものでしょうか、枢軸国もありですか? おとなしい我が国は 賦課金を支払っています。ダントツが合衆国の40億ドル、続いて我が国の30億ドル、邦貨にすると0.3兆円ぐらいです。残る常任理事国四国の賦課金支払額は合計で0.3兆円以下ですね、もっと支払ってもいいのではと思いますが・・・此処でもカモられてます。カモられる原因は我が国の経済力にあります、一ドル360円の時代から、金本位制度をやめた宣言のニクソンショックで250円、最後のトドメでプラザ合意で100円になりましたけど、トヨタ自工あたりの想定額は一ドル75円まで 商売ができると言われてますね。360万円のプリウスを 合衆国に販売してその代金が75万円でも商売ができるほど力があるということですかね。うちはやらないですけど。我が国は破産しないですね。国家予算97兆円で 特別会計404兆円、歳入40兆円、国民医療費41.5兆円コレって一体何なんでしょうかねえ。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント