So-net無料ブログ作成

化学農法転換 其の四

TPPの 説明会でも 見出しには頻繁に ロスチャイルドのことが出てきているようですが いきなり言われても 面食らってしまいますね 此処はじっくりと わが国の歴史的背景から 見るとよろし ですか・・

040.jpg明治維新をロスチャイルド家の視点からみてみるとこうなります。

初め、日本と貿易を始めたロスチャイルド家の代理人(グラバー)は幕府の体制が古いため、なかなか効率よく取引ができません。

そこで地方の若者(この場合、薩摩藩・長州藩の下級武士)に資金と武器を提供し、クーデターを起こさせます。

自分たちが教育し、支援した若者たちが政府を転覆し国を乗っ取ります。

彼らを通じて日本を支配し、有利な関係を結びます。

明治新政府はこのように創設されました。

しかし、所詮イギリスの後押しでできた傀儡政権ですから、その明治新政府に不満を持つ者も多く出てきます。

そこで、内戦が起きます。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

アギー

傀儡政権(かいらいせいけん、英語:puppet government)は、ある領域を統治する政権が、名目上には独立しているが、実態では事実上の支配者である外部の政権・国家によって管理・統制・指揮されている政権を指す[1][2]。内政も外交も自己決定権が完全ではなく、支配者の利益のために支配者に操作・命令され統治される[3]。傀儡国家(かいらいこっか、puppet state)とも呼ばれる。
by アギー (2016-10-15 08:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0